清水寺胎内めぐり。自分に反省して失敗…

京都清水寺の、胎内めぐりを体験。
菩薩像が置かれているその下を、菩薩の胎内とみたて

真っ暗な中(本当に何も見えない暗さ)
数珠をかたち取られた手すりだけを頼りに
地下にグルグル進んでいくと
中央に、あかりで照らされた石があり
その石には、梵寺で「ハラ」の文字が…
その石を回転させて、戻ってくる。

と、いう体験です。

菩薩の胎内に帰り
子宮に戻り
母から生を受けたことに感謝し、生まれ変わって
新たな思いで
この世に帰ってくる。

「できるなら 捨ててやりたい 我が実母」
などと、不届きな心根の私
入り口での、この説明を聞いただけで

反省モード
自分の愚かさに、涙さえ出そうな勢い。
私は、このために京都に来たのかもしれない…
思いを込めて、母に感謝して回りました。

画像



ところが


帰ってきて、調べてみると

あの菩薩様は、
お願い事を何でも一つだけかなえてくれるので
それを念じながら、石を回すらしい。


えぇ~!?
そうなの?

「お母さん、ごめんなさい。ありがとう。」

なんて、念じないで
お願い事すればよかった~

秘かに、京都に行った一番の収穫なんて
思っていたことも忘れ
後悔する親不幸な、私でありました。



…に、しても…
  なぜ?
私は違う説明を聞いたのでしょうか
「親不幸」が、顔に出ていてたかしら…(-_-;)




"清水寺胎内めぐり。自分に反省して失敗…" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント